未分類

生理痛が辛い! 症状を軽減できるヤーズフレックスって?

【生理痛がひどい! 4か月生理をこなくできるヤーズフレックスとは?】

ヤーズフレックスは、子宮内膜症の痛みや月経困難症の症状を和らげる「超低用量LEP製剤」です。分かりやすく言うと「超低用量ピル」とも言われています。

国内で初めて連続服用が可能となったピルです。最長で120日間飲むことができます。28日周期で服用する「低用量ピル」に比べ、出血の回数・痛みを伴う出血日数を減らす効果が期待できます。また、保険適用で購入できます。

 

 ヤーズフレックスの飲み方

服用の仕方は他の定量用ピルとあまり変わりません。休薬するまでの期間が長くできます。

・毎日同じ時間に1錠ずつ服用

・飲み忘れてしまったら、気づいたときに1錠→いつもと同じ時間に1錠飲む

・服用開始から24日間は出血が起こっても飲み続けます。

・25日目以降は、

→3日続けて出血することがなければ120日まで服用し、4日間休薬

→3日間連続する出血があった場合は、翌日から4日間休薬

上記が120日間の感覚で服用する場合ですが、28日周期で服用することもできます。その場合は、24日間服用し、25~28日目の4日間休薬、というペースで服用します。

 不安なこと・デメリット 避妊効果と出血

私が服用し始めた時は、日本での前例があまりなかった為、心配になることがよくありました。

・よく出血が起こるけど大丈夫?

・避妊効果はあるの?

主にこの点が気になりました。

 

まず避妊効果についてですが、医師に聞いたところ、避妊効果があるとは言えないそうです。

「ない」とはっきりは言いませんでした。排卵が抑制されてはいるので、おそらくある程度の避妊効果はあると思います。

ですが、あくまで子宮内膜症の痛み・月経困難症の症状の為のものなので、「ある」とは言えないようです。

避妊効果を求める方は「低用量ピル」を飲むようにした方が良さそうです。

 

そして、出血はよく起こります。

・毎日起こる

・急に2日程度起こる

・1か月程度で3日間以上の出血が起こる時と、4か月目まで出血がないことがある

・2年ほど服用しているけれど、120日になる前に出血がきてしまう

 

このようなパターンで出血してしまいます。出血といっても、生理のようにたくさん出血してしまうことは少なく、だいたいは少量のもので、ちょっとした汚れかな?程度のものです。

ですがそれが毎日続くのはとてもストレスですし、最初はとても不安でした。

再開して24日間ほぼ毎日出血した時は、さすがにヤーズフレックスの相談専門ダイヤルにかけてみました。

「ひとまず24日間は飲んで、4日休薬して、また再開してみてください。その後も何か問題があるようだったら医師に相談してください」という返答のみで、まったく不安は拭えませんでした。

結局、日本での前例がないため相談ダイヤルの方でもマニュアル対応しかできないようです。

どんなに調べても私のような症状の人がおらず、ずっと心配だったので、少しでも同じ立ち場の人が安心できるように、記事を書いてみました。

 

まず言えることは、出血がこれだけ多くあったけれども、飲み始めて3年ほどの間特にその他の副作用はなく、婦人科系の病気もしていない、という点です。

「超低用量」とは言え、ピルですので、他の低用量ピル服用者と変わらず、子宮頸がんの検査や血液検査は定期的に行っております。

特に検査でひっかかることもなく、吐き気・むくみなど以前低用量ピルを飲んでいた時のような副作用もありません。

ですので、私は今のところ安全に服用を続けられているようです。

 

ただ、何度も言いますが突然の出血がとても多くあります。低用量ピルでは1度も起こらなかった現象です。

私は今まで120日間飲み続けられたことはありません。最高で105日間でした。それも1度のみです。

それ以外の時は、

①再開して24日間ほぼ出血→3回

②1か月程度で出血→4割

③2か月程度で出血→5割

④3か月程度で出血→0.5割

⑤3か月以上120日未満→1回

※①と⑤で合計0.5割といったところです。

※②・③・④の「出血」というのは「出血が3日続く」という意味にとらえてください。

 

上記のような割合で、120日間飲めるといっても、実際私は難しいようでした。

人によって個人差があるようですが、体に合う方は最初から120間服用できているようです。

1~2か月できてしまうことを以前医師に相談したところ、「それぐらい続けて服用できているようなら大丈夫。体に合っていないことはない。」とのことでした。

 メリット

●生理痛がとても楽に

私は学生の頃から生理痛がつらく、動けないことも多々ありますし、貧血がひどく仕事先で倒れてしまうことも何度もありました。

ヤーズフレックスが無いころは「低用量ピル」を服用していましたが、副作用(むくみ・少し吐き気・タバコを吸っていたので血栓症になるリスク)があった為に数年間止めていました。

しかし、やはり生理痛・貧血がひどかったので悩んでいたところ、ヤーズフレックスというものがあることを知りました。

飲んでからは、休薬中の出血の際も痛みは前よりずっと軽く、生理の回数も減っているので貧血もなくなりました。

 

●コントロールができる

基本的には28日周期・120日周期ですが、医師には「来てほしいと思った時に、自分でコントロールして大丈夫」ということを以前言われました。

ですので、どうしても来てほしくない日がある場合は、わざとその前に休薬して生理をこさせたりできました。

(ただし、どうしても来たくない日にけっきょく少量の出血が起こってしまうこともありました。)

 

 

 まとめ

私が3年ほど服用してみて感じたことを書いてみました。

私のようにたくさん出血してしまうことがあると不安かと思います。

今では「またか…」ぐらいの感覚になり、ヤーズフレックスとうまく付き合えるようになってきました。

もちろん出血は嫌ですが、医師に止めた方がいいと言われておりませんし、それでも飲んだ方がメリットが大きいと感じるので3年ほども続けてきました。

これを見て不安な方が少しでも安心してくだされば、と思いますが、もし再開する度に毎日出血があったり、その出血量が多かったり、という少しでも不安なことがあれば医師に相談してみてくださいね。もしかしたら、以前よりは前例も出てきていると思うので、医師や相談ダイヤルの回答も変わっているかもしれません。

 

それと婦人科検査は定期的にすることをお勧めします。婦人科系の病気は30代から少しずつ増えていると思います。実際、私のまわりでもよく聞くようになりました。

早めの発見が大切になりますので、ピルの服用していなくても検査をしてくださいね。

 

女性にとって生理は長い間続くものです。少しでも軽くして、生理を気にしない生活ができることを目指しましょう!

-未分類

Copyright© colorful life , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.