ダイエット

ダイエットには骨盤が関係している!痩せる体にする為の方法

ダイエットを円滑に行うためには、全身の重心が集まる部位ともいえる骨盤のズレを正すといいと言われています。

様々な痩身への努力を積み重ねているのに、脂肪が燃えず、体重も減らないという方は方法の見直しが必要です。骨盤に歪みがあるせいで、ダイエットの効率が上がらない方は多いようです。

ずっと同じ姿勢をとっていたり、重心が偏った姿勢がクセづいていると、骨盤の歪みが現れやすくなります。ダイエット効率を高めるためには、歪みがなく、きちんとした位置におさまった骨盤が大切です。

特に女性の場合は、ヒールを履いたり、出産経験などで骨盤が開きやすくなるので、意図的な対策が大事です。

 

 歪みやむくみの解消

ダイエットを成功させるためには、体の歪みやむくみを解消することが重要です。血液の巡りが悪くなる原因としては、骨盤の歪みにより、下半身への血液の流れが停滞することがあげられます。

腰は上半身と下半身を繋いでいる大切な場所です。骨盤が歪んでいると下半身への血流やリンパの流れが悪くなり、痩せにくい体になってしまいます。

たとえ最初のうちはダイエットがうまくいっているように感じても、ほどなく元通りになる可能性が高いといいます。

骨盤の歪みは、重心が左右どちらからに偏っていたり、荷物を肩掛けで持つ際に左右どちらかばかりに掛けてしまうことでより拡大します。

骨盤を正しい位置に矯正することで、ダイエットの効果を得られることができますので、できるだけ改善していくようにしたいですね。

 

 普段の生活の中で出来ること

普段の生活の中で、意識して骨盤を立てる座り方をしましょう。

座るときに背もたれに寄っかかるような座り方をするのではなく、背筋を伸ばし足もなるべく90度になるように座ることが良いです。

もちろんずっとその姿勢でいるのはほぼ無理かと思います。最初のうちは1分でもいいので、なるべく「気にする回数」を増やすようにすると良いです。

立っているときに中心に立つ意識も持つことも大切です。電車の待ち時間などちょっとした時に、どちらかの足に重心をのせず、真ん中に立つことを意識してみてください。

座るときも立っているときも、「気にする」ようになることがまずは一番大切です。

思い出す回数が増えればその分姿勢を正す回数が増えることになりますので、自然とキープできるようになっていくかと思います。

 

 トレーニング

骨盤の矯正を行うためには、まず骨盤の位置を決めるために必要な筋肉を増やすことも大事です。

筋肉は、長時間正しくない姿勢でいると圧迫されやすくなり、筋肉同士がくっつき、筋力が弱くなってしまいます。

筋力が減ると、結果的に体脂肪が多くなりやすくなり、ダイエットに向かない体質になります。骨盤まわりの筋肉が減ると、歪んだ骨盤を元通りにする力が作用しなくなり、臓器の位置や血液の巡り方によっては代謝の低い体になってしまうのです。

骨盤のトレーニングでは、インナーマッスルである骨盤底筋群に刺激を与え、筋力を高めることで、血液の流れを良くして代謝を増やし、骨盤の歪みや内臓のズレを矯正します。

また、骨盤と股関節も非常に関係しているので、股関節のインナーマッスルを鍛えたり、ストレッチをすることもお勧めです。

近年では股関節症がとても増えています。実際私の母も祖母もなり、要手術になってしまいました。

私も歩けないことがあるほど股関節が痛くなってしまうことがあったのですが、股関節のインナーマッスルを少し鍛え始めたり、お風呂上りに股関節のストレッチを少しするようになっただけで、歩けない痛みが発生することが無くなりました。

ですので、ダイエットのことだけでなく、今後の健康のことを考えても股関節のトレーニングやストレッチはとても大切だと思います。

 

 まとめ

私は他に骨盤矯正の補正下着や、骨盤矯正の整骨院などいろいろ試してみましたが、金額面を見ると、一番良いのは家で出来るトレーニング・ストレッチでした。

私は今まで、骨盤回りや股関節を鍛えようと思ったことはありませんでした。筋肉がそこまで関係していると思わなかったからです。

ですが、少しずつでもトレーニング・ストレッチをし始めてからは、股関節の痛みが解消し始めました。それに伴い骨盤の歪みも解消され始めたのか、膝上が細くなったと言われるようになりました。

ぜひ自分に合った方法で骨盤の位置を正し、痩せる体を作りましょう!

-ダイエット

Copyright© colorful life , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.